マガジンのカバー画像

ふるさとチョイス

9
皆さんにお届けする「ふるさと納税返礼品」の生産者ストーリーを紹介します。
運営しているクリエイター

記事一覧

自然体のまま、ワインの造り手へ。「ワイワイ時間」を「分かち合う」。

Grain Mûr(グラン・ミュール) 代表 川口 聖 長野県小諸市乙656-25 小諸ワイングロワーズ…

長野県小諸市
9か月前

長野県でパイナップル⁉「天空の大地」で、空と土が見えるワイン造り。

Terre de ciel(テールドシエル) 長野県小諸市滋野甲天池4063-5 千曲川ワイン倶楽部、小諸ワ…

長野県小諸市
10か月前

信州発「小諸ワイン」を紹介します!「女子会×プチワイン会」編

ふるさと納税返礼品で大人気となっている「小諸ワイン」をほろ酔い女子のお二人(鈴さん、柴さ…

長野県小諸市
11か月前

この地域の『数多くの美しさ』をワインを通じて表現していきたい。

Mille・Beaute’(ミリ・ボーテ) 長野県小諸市大字菱平1072-2 代表者 中根 靖 千曲川ワイン…

守りたい想いを泡にのせて。夫婦2人で挑むワイン・シードル造り。

出産、子育てを機に長野県へ20年前に移住した松村夫婦。東京でシステムエンジニアとして働いて…

農業でみんなのIKIGAIをつくる、新米いちご農家さんの話。

小諸市で介護事業を営む株式会社コトブキが2019年に農業法人コトブキファームデポを設立し、夏…

120年続く老舗旅館がワイン造りに挑む!父から息子へ引き継がれるチャレンジ精神。

小諸で120年続く老舗旅館中棚荘は島崎藤村が鉱泉を掘る手伝いをした縁もあり、島崎藤村の宿としても有名です。5代目荘主である富岡正樹さんには4人のお子さんがいます。末っ子の隼人さんが2018年からジオヒルズワイナリー(Gio:ベトナム語で風、hills:英語で丘、風の丘を意味する)の醸造責任者としてワイン造りに情熱を燃やしています。旅館ではなく、ワイン造りを始めた経緯とこれからについてお聞きします。 日本を離れて日本の良さを再確認。結局は父の背中を追っていた。-120年続く老

スキ
24

地理の先生が第2の人生をワイン造りに捧げる。小諸で日本のブルゴーニュを目指す!ド…

現在70歳の藤田さんは長野県小諸市でぶどう作り、ワイン造りを始めて5年目になりました。2021…

ふるさと納税で小諸市の魅力を皆さんに届けるために、小諸市の魅力をアップするために…

長野県の東部に位置し、年がら年中晴れている人口4万人のまち、小諸市(こもろし)です。 https…